サブスクってなに?メリットやデメリット、注意点を知って便利に使おう!

サブスクってなに?メリットやデメリット、注意点を知って便利に使おう!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.05.25

サブスク(=サブスクリプション、subscription)とは、一定期間一定額でサービスや商品が利用できるサービスのことです。

サブスクのサービスが提供されている分野はとても広く、音楽や動画などの配信やアプリをはじめとして、家電や衣服、車、住居など、さまざまな分野で多くのサービスが展開されています。

今回はサブスクとはどんなサービスなのか、メリットやデメリット、注意点などを解説しながら、便利な使い方を紹介していきます。

目次

サブスクとは?意味や使い方を知ろう

サブスク(=サブスクリプション、subscription)とは、「月額課金制」で利用できるサービスのことです。レンタルは物や場所に対して利用料金を支払って借りるものですが、サブスクはサービスを利用する権利にお金を支払います。

身近なサブスクのサービスで有名なのは動画配信サービスのNetflixやYouTube Premium、音楽配信サービスのApple Music、Spotifyなどが挙げられます。

サブスクが提供されているサービスは幅広く、家具や飲食、衣服、家電、車、住居まで多くの種類のサブスクが展開されています。宅食サービスやカーシェアリングなどは、音楽や動画以外の身近なサブスクといえるでしょう。

人気のサブスクは音楽や動画配信

YouTube PremiumやSpotifyなどの音楽・動画配信サービスは、よく知られている人気のサブスクです。

人気ドラマの独占配信や独自制作の番組配信などで話題を集めている動画配信サービスもあり、サブスクといえば音楽や動画というイメージがある方も多いのではないでしょうか。

そのほかにも、ダイエットをサポートし、日々の栄養バランスやカロリーを記録するアプリや、ビジネス向けのクラウドデータストレージサービスなど、アプリにもさまざまなサブスクがあります。

楽天マガジンなど雑誌が電子書籍で読み放題になるようなサブスクもあり、毎月たくさんの雑誌を購入していた人にとっては節約になるサービスも多く存在します。

また、RAXYのように毎月プロが選んだコスメが届き、豊富なラインアップからテーマに合わせてスキンケアやメイクアップのアイテムを楽しめるサブスクもあります。選択の幅を広げられるのもサブスクの良さといえるでしょう。

サブスクのメリット・デメリットを知って賢く使おう

なにかと便利なサブスクですが、メリットだけでなく、サブスクならではのデメリットもあります。

賢くサブスクを使うため、メリットとデメリットをそれぞれ詳しく見てみましょう。

サブスクのメリット

サブスクの大きなメリットは、比較的安価で好きなときに登録・解約ができるため、気軽に試せることです。

音楽や動画の配信サービスの場合、契約期間中は見放題、聴き放題なので、ひとつずつ音楽ファイルを購入したり、動画をレンタルしたりするよりも、コストパフォーマンスが良くなるケースがあります。

購入と比較すると、初期の出費を大きく抑えられ、ライフスタイルに合わせて利用の開始・停止を柔軟に選べ、さらに定額なので月々のコスト管理がしやすい点もサブスクならではのメリットです。

ソフトウェアやアプリはサブスクの契約期間中は追加費用を支払うことなく最新の状態で利用できるため、OfficeシリーズやAdobeシリーズのようなビジネス向けのアプリは、買い切りからサブスク形式に移行するケースも珍しくありません。

サブスクのデメリット

サブスクが提供するサービスは、必ずしもすべてが欲しいものとは限りません。

そのため、サービス内容をよく検討しないと、利用したかったものが思ったよりも少なかったという問題が起きます。

加えてサービス内容は提供会社によって変更されることがあるため、今まで自分が利用していたものが利用できなくなる場合もあります。

動画配信サービスではサブスクで視聴できる映画やドラマなどは定期的に入れ替わるため、急に視聴できなくなることもあります。

また、サブスクは契約期間に対して課金されるため、仮に多忙やほかの理由でサービスを利用しなかった場合でも課金されます。つまり、サブスクの利用頻度が下がると、購入するよりも割高になるケースがあります。

サブスクを利用する場合は、利用できる時間と頻度、レンタルする場合は新品を買ってから買い替えるまでのサイクルとの比較なども計算に入れ、契約するようにしましょう。

サブスクを利用するときの注意点

サブスクは契約を解除したら、基本的に手元にはなにも残らないことに注意する必要があります。

特に利用者が多い音楽や動画、書籍の配信サービスに関する注意点ですが、解約してしまうとそれまでダウンロードしてオフラインで利用できていたファイルも視聴・閲覧ができなくなります。

サブスクを利用するときは、以下の点に注意して契約しましょう。

  • 無料体験を利用する場合は、課金開始のタイミングと解約期間をメモする
  • どのサブスクを利用しているのかリストアップする
  • 音楽や動画の配信サービスはデータ通信が多く発生するため、スマホで視聴する場合はデータ容量と料金プランに注意する

動画を視聴した場合のデータ量の目安はこちら

無料体験の期間は、利用開始日から○カ月の場合と、開始した月を含めて最大○カ月というパターンがあります。

前者の場合は開始日から起算されますが、後者の場合は月初でも月末でも月内の契約を1カ月目と考えるため、課金開始のタイミングが変わります。

利用するサブスクがどちらのタイプなのかよく確認しないと、想定外の出費となります。

また、複数のサブスクに契約している場合、どのサービスを契約していたか把握できなくなることも少なくありません。

忘れてしまうと利用していないサブスクに毎月課金し続けることになるため、契約しているサブスクのリストを作成すると良いでしょう。

さらに、利用料金以外に注意したいのがデータ容量です。音楽や動画の配信サービスはデータ通信量が大きくなります。

Wi-Fiのない場所でスマホから視聴する場合は、データ通信量に注意しましょう。

サブスクをおトクに使うコツは?

サブスクは年間契約にすると、月額課金の契約よりも1~2カ月分程度、利用料金が割安になるサービスが多数あります。利用頻度が高いサブスクは、年間契約にするとおトクです。

自分のニーズに合ったサブスクをじっくり選ぶことが、サブスクを無駄なくおトクに使う一番のコツといえます。サブスクを利用する目的や、利用料金、頻度と照らし合わせ、コストパフォーマンスのバランスを検討しましょう。

たとえば動画配信サービスを利用する際、自分の好きなドラマや映画がどれくらい配信されているのか、そしてそれを観る時間がどれくらい捻出できるのかを考えたとき、必ずしもサブスクが良いとは限りません。

ライフスタイルによっては買い切りやレンタルの方が、結果的に利便性が高いこともあります。

反対に、あまり使わないと思っていたけれど、実際に利用してみたら想定以上に利用頻度が高く、サブスクで見放題だからこそ思い切って新しいジャンルを楽しめたという場合もあります。

そこで、まずは無料キャンペーンでじっくりと、サービスが自分に合うのか試してみましょう。

楽天モバイルではAndroidユーザー限定で「YouTube Premium 3カ月無料キャンペーン」を提供しています。3カ月間じっくり試すことで、YouTube Premiumが自分に向いているのか確かめられます。

さらに4カ月目以降もYouTube Premiumで楽天モバイルキャリア決済(楽天回線対応のAndroid製品をご利用中のご契約者様が対象です。)を利用すると、月額利用料金の10%が楽天ポイントで還元されます。
YouTube Premiumの3カ月無料キャンペーンについて詳しくはこちら

また、音楽配信サービス「Rakuten Music」では、楽天モバイルを利用している方に向けて初回30日間無料に加え、利用料金が通常980円(税込)/月から780円(税込)/月になる特典があります。音楽配信サービスに迷っているなら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

必要なサービスを手軽に利用できるサブスクで、生活を楽しもう

サブスクは便利なサービスですが、変動費を固定費に変えることになるため、利用頻度や利用料金を検討したうえで選びましょう。

自分にあったサブスクなら、今までよりもずっとおトクにさまざまなサービスが利用できるはずです。

また、音楽や動画配信のサブスクを利用するときは、データ通信量にも注意が必要です。音楽や動画の視聴を定額で楽しめるのに、データ通信が多くなり結果的に携帯電話料金が高額になっては元も子もありません。

ストリーミングで配信されるコンテンツをスマホで思い切り楽しむなら、どれだけデータ容量を使っても携帯電話料金が高額にならない契約が良いでしょう。

そこで、サブスクを満喫するなら楽天モバイルがおすすめです。20GB超過後はどれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)※2と上限が決まっているため、安心して視聴が楽しめます。

  • 0GB〜3GBまで980円/月(税込1,078円)※1
  • 3GB超過後〜20GBまで1,980円/月(税込2,178円)※1
  • 20GB超過後〜どれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)※1,2
    (楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題※3)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※4
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※5

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 1GBまでは10月31日まで実質無料。1回線目のみ。9,10月は合計2,161円支払い分をポイント還元。期間限定ポイントで、対象期間内のデータ利用量が1GB以下の月の翌々月末日頃に付与。
※2 データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
※3 最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※4 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。
※5 iOS 14.4または14.5を搭載した場合でも、iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズを除くモデルでは、楽天回線とパートナー回線の自動切り替え機能がご利用いただけないことがありますが、機内モードのオン/オフ切り替えや製品の再起動により解決する場合があります。iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS  14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち