携帯代、きちんと把握してる?料金プランを見直す場合に押さえておきたいポイント

携帯代、きちんと把握してる?料金プランを見直す場合に押さえておきたいポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.06.21

「契約時にとりあえず選んだ料金プランだけど、毎月の携帯代が高い気がする」と漠然とした不安をお持ちの方は、意外と多いのではないでしょうか。

料金プランの見直しをしたいけれど、「自分の料金プランが適切なのかわからない」、「毎月どれくらい使っているのかわからない」という方のために、今使っている料金プランの調べ方や、月々の料金を安くしたい場合に押さえておきたいポイントについて、詳しくご紹介します。

目次

携帯代とはどのようなもの?

毎月請求されている携帯代は、通話料金とデータ通信料金だけではありません。
大きく分けて以下の5つの料金の合計が、毎月の請求合計額となっています。

  1. 料金プランによって異なる月額の利用料金
  2. 通話料金
  3. オプションサービスの利用料金
  4. 割賦で購入した場合の端末代金
  5. 携帯電話料金とまとめて支払うオンライン決済で利用した代金

そのため、携帯代を見直す場合は、請求合計額だけでなく、明細内容をしっかり把握する必要があります。

携帯代を安くする方法

携帯代を安くするには、以下の4つのポイントがあります。

  1. 通話料金
  2. 通信料金
  3. 契約内容
  4. キャッシュバックやポイントバックなどキャンペーン利用

契約内容や料金プランの見直しだけでなく、自分がスマホをどのような使い方をしているかで、重視するべきポイントが変わります。

【携帯代を安くする方法1】通話料金の見直し

通話料金の請求金額が大きい場合、併せて通話明細も確認しましょう。特定の番号に頻繁に長時間電話をしているのか、複数の番号に電話をしているのか、あるいはSMSの利用頻度が高いのか、自分の通話料金の内訳を確認します。

特定の番号との通話料金が高い場合は、指定番号の通話料金を割り引くオプションや、無料通話アプリを検討しましょう。

異なる番号への電話が多い場合は、かけ放題プランなどのオプションも検討しましょう。楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」なら「Rakuten Link」アプリ利用で国内通話かけ放題(※)。通話料金が料金プランの中に含まれているので、おトクに利用できます。
※ 国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)は料金プランに含まれる。アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。

【携帯代を安くする方法2】データ通信量の見直し

携帯電話会社が提供する大容量のデータ料金プランに加入している場合、データ通信料が高額になっている場合があります。

スマホの利用が通話よりもデータ通信が中心という場合でも、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」への乗り換えをおすすめします。

「Rakuten UN-LIMIT VI」なら「楽天回線エリアで高速でデータ使い放題(※)」で2,980円/月(税込3,278円)のため、データ通信にかかる料金を大きく引き下げることができます。また、3GB以上~20GBまでのデータ利用量なら、1,980円/月(税込2,178円)とさらにおトクで、1回線目1GBまでは0円、2回線目以降は0GB~3GBは980円/月(税込1,078円)でご利用いただけます。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

※ データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

【携帯代を安くする方法3】オプションサービスの見直し

携帯電話会社で契約をした際に、ポイントバックやキャッシュバックの条件として加入した不要なオプションを、そのままし忘れている場合が多々あります。

明細にあるオプションサービスを確認し、普段使用していないオプションがあればすべて解約しておきましょう。使用しないままいくつも加入した状態では、毎月の負担になります。

【携帯代を安くする方法4】キャッシュバック・ポイントバックの活用

携帯電話会社では、新規契約時やMNP(携帯電話番号ポータビリティ)転入時、機種変更時などに利用できる、さまざまなポイントバックやキャッシュバックのキャンペーンがあります。

キャンペーンを利用すると、実質大幅に割引になることもあり、スマホ端末の購入費用や携帯代を抑えられます。

キャンペーンには、指定期間内に契約した方を対象にした期間限定のものから、ポイントアッププログラムのような長期間利用できるものまで、豊富に種類があります。

モバイルのキャンペーンについての詳しい内容は、こちらをご覧ください。
https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/

自分の携帯代を知ることで適正な料金プランを選ぼう

携帯代を見直すには請求合計額だけでなく、内訳を知ることが大切です。明細をしっかり確認することで、現在の料金プランと自分の利用状況がずれていないか、不足しているオプションはないか、逆に余計なオプションに加入したままになっていないかなどを把握できます。

不要なオプションを解約するだけでなく、逆に必要なオプションを追加することで利用料金を抑えられるケースもあるため、毎月スマホをどのように使っているか、明細を通して分析してみましょう。

利用状況によってはより適したプランのある携帯電話会社に乗り換えを検討するのも選択肢のひとつです。

通話も通信量も妥協せずに携帯代を下げたいとお考えの場合は、ぜひ、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI 」を検討してみてはいかがでしょうか。
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」は毎月のデータ利用料でお支払い金額が決まるので、使う人もあまり使わない人も、すべての人に最適なワンプラン。

  • データ1GBまで0円/月(1回線目のみ)※1
  • 1GB超過後~3GBまで980円/月(税込1,078円)
  • 3GB超過後~20GBまで1,980円/月(税込2,178円)
  • 20GB超過後~どれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)※2
    (楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 ※3)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題 ※4

※1 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。
※2 データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
※3 最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※4 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。
※当ページの内容は2021年5月31日時点の情報です。掲載されている情報は予告なく変更となる場合がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : ハウツー