機種変更時にデータ移行が必要なアプリの種類や移行方法を解説!機種変更前の注意点も紹介

機種変更時にデータ移行が必要なアプリの種類や移行方法を解説!機種変更前の注意点も紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.02.18

機種変更の際には、アプリのデータ移行をはじめ、スマホ内の動画や写真、連絡先などのデータ移行が必要となります。

そこで今回は、機種変更の際のデータ移行の方法・注意点を解説します。

目次

スマホ内の電話帳や写真、動画データの移行方法と注意点

データ移行の作業は、機種変更をする前のスマホでバックアップを取り、新しいスマホでデータを復元することで完了します。その際に、どこまでデータ移行ができるのかはOS(オーエス)やスマホによって変わります。

それではデータ移行の方法、注意点を確認していきましょう。

電話帳、写真・動画のバックアップやデータ移行の方法

電話帳、写真・動画ファイルなどのデータ移行には、Androidであれば「Googleドライブ」、iPhoneであれば「データ転送」や「iCloud」が利用できます。それぞれの手順を紹介します。
※写真・動画のバックアップは大量のデータ通信が発生するため、Wi-Fi接続またはデータ使い放題などの料金プランでの作業をおすすめします。

Androidのデータ移行の手順
Androidでは、Googleドライブへのバックアップでデータ移行が可能です。

  1. データをバックアップしたいスマホで「設定」⇒「システム」⇒「バックアップ」と進み、「今すぐバックアップ」を実行。
  2.  新しいスマホで同じGoogleアカウントにログインすれば、データ復元される。

 iPhoneのデータ移行の手順
iOS 12.4以降であれば、バックアップなしで直接データ転送「クイックスタート」が可能です。

▪iOS 12.4以降の手順

  1. 移行したいデータが入った古いiPhoneを、Bluetoothをオン(「設定」⇒「Bluetooth」⇒「オンにする」)にした状態で、データを移行したい新しいiPhoneの横に置く。
  2. 新しいiPhoneを初回起動したときの初期設定の中の「データ移行」において、「iPhoneからの転送」を選択し、画面の指示に従い、手続きを進める。

▪iOS 12.4より前の手順

iOS 12.4より前の場合は、iCloudへのバックアップが利用できます(パソコンを使うバックアップ方法もあります。詳細はApple公式ページでご覧ください)。

  1. 移行したいデータが入った古いiPhoneで「設定」⇒「ユーザ名」⇒「iCloud」と進み、「今すぐバックアップ」を実行。
  2. データを移行したい新しいiPhoneを初回起動時の初期設定の中で「iCloudからのダウンロード」を選択し、画面の指示に従い、手続きを進める。

AndroidからiPhoneなどOSをまたいで移行する場合

AndroidからiPhoneへのデータ移行では、Apple Inc.の公式アプリ「iOS に移行」が利用できます。また、iPhoneからAndroidへのデータ移行は、Googleサービスへのバックアップが利用できます。

それぞれの手順を紹介します。

AndroidからiPhoneへデータ移行する手順

  1. iPhoneの初期設定の「App とデータ」の項目で「Android からデータを移行」をタップ
  2. Android端末で「iOS に移行」アプリを開き、「続ける」をタップ。
  3. 利用規約を読み、「同意する」をタップ。
  4. iPhoneの画面でコードが表示される。Android端末でコードを入力
  5. Android 端末で転送するコンテンツを選択し、「次へ」をタップ。
  6. iPhoneへのデータ転送が完了したら、Android 端末で「完了」をタップ

iPhoneからAndroidへデータ移行する手順

▪連絡先・カレンダーなどのデータ移行
iPhoneをGoogleアカウントに連携すれば、Androidにデータ移行できます。iPhoneで以下の設定を行います。

  1. 「設定」⇒「メール」に進む。
  2. 「アカウントを追加」⇒「Google」と進み、Googleアカウントにログイン。
  3. 「メール」「カレンダー」など同期する項目をすべてオンにする。

※機種変更先のAndroidで同じGoogleアカウントにログインすると、「メール」「カレンダー」が引き継がれます。

▪写真・動画のデータ移行

iPhoneの写真・動画をGoogle フォトアプリに同期しておけば、Androidにデータ移行できます。iPhoneで以下の設定を行います。

  1. App StoreからGoogle フォトアプリをインストールして開く。
  2. Google アカウントにログイン。
  3. 右上にあるアカウントのプロフィール写真またはイニシャルをタップ。
  4. 「フォト設定」⇒「バックアップと同期」を選択。
  5. 「バックアップと同期」をタップしてオンにする。

※機種変更先のAndroidで同じGoogleアカウントにログインすると、写真や動画が引き継がれます。

機種変更でデータ移行が必要なアプリの種類と移行方法

機種変更でスマホを変える場合、新しいスマホにアプリのデータを移行する必要があります。

移行が必要な代表的なアプリが、LINEなどのメッセージアプリやおサイフケータイです。それぞれのデータ移行方法を見ていきましょう。

LINEアプリのデータ移行方法

LINEは機種変更時のデータ移行でトラブルが起きやすいアプリのひとつです。
アカウント自体の移行は難しくありませんが、トークなどの内容を保存して移行したい場合は少し複雑な手順が必要になります。

また、LINEアカウントは電話番号に紐付けられているため、機種変更後に新しいスマホの電話番号でLINEの新規登録をしてしまうと、前のスマホで使用していたLINEアプリから、友だちやグループのほか、トーク内容やスタンプが削除されてしまいます。

LINEアカウントのデータを引き継ぐには、LINEを使っているスマホで事前準備が必要です。

注意点として、AndroidOS(アンドロイドオーエス)とiOS(アイオーエス)の間では、トークデータの引き継ぎができません。
また、電話番号が新しくなる場合は、事前にアカウントのパスワード設定などが必要になります。

詳細はLINE公式ページでご覧ください。

おサイフケータイや各種ポイントサービスアプリのデータ移行

おサイフケータイや各種ポイントサービスアプリも、再ダウンロードと引き継ぎが必要です。
前のスマホで使用していたアプリの残高やポイントは、引き継ぎしなければ使えなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

アプリによって引き継ぎ方法は異なりますが、ここでは一例として、楽天Edyのおサイフケータイの引き継ぎ手順を紹介します。

引き継ぎ作業は機種変更前の古いスマホ、機種変更後の新しいスマホのそれぞれで手続きを行います。(以下の「楽天Edyのおサイフケータイの引継手順」は、2020年8月20日時点の情報です)

古いスマホで行う手続き【楽天Edy おサイフケータイの引き継ぎ】

  1. アプリトップの「メニュー」をタップ
  2. 「機種変更の手続き」をタップ
  3. 「預ける」をタップ
    「おサイフケータイに機種変更」をタップ
  4. 楽天IDでログイン
  5. 「機種変更の手続きが完了しました」と表示される

新しいスマホで行う初期設定【楽天Edy おサイフケータイの引き継ぎ】

  1. アプリをダウンロードし「はじめる」をタップ
  2. 利用規約に同意し、「はじめる」をタップ
  3. 楽天IDでログイン
  4. 初期設定が完了

FacebookやTwitter、InstagramやTikTokはデータ移行の必要はない

FacebookやTwitter、InstagramやTikTokなどのSNSはアカウント情報やログなどのデータはすべてサービスを提供している会社にあるため、アカウントにログインできれば機種変更後もいままでと同じように使えます。

機種変更前の古いスマホから、新しいスマホへのデータ移行は必要ありません。アプリをインストールし、アカウントにログインしてください。

アプリで購入したコンテンツは再ダウンロードする

アプリで購入した音楽や電子書籍はスマホにダウンロードされています。そのため、機種変更をしたときは再ダウンロードする必要があります。基本的に一度購入したものに関しては、再度購入する必要はなく、ダウンロードすれば使用できます。

なお、アプリ自体はIDやパスワードでログインするものが多いので忘れないように注意しましょう。また、新しいスマホにデータを移行するために必要となる引き継ぎコードの発行をしなければいけないゲームアプリもあります。

機種変更では事前にデータ移行が必要なアプリを確認しておこう

データ移行の方法は、事前にいくつかの手続きが必要ですが、ここまで説明したとおり難しいものではありません。

機種変更の際には、メッセージアプリやおサイフケータイなど、データ移行が必要なアプリがあるので事前に確認しておきましょう。スマホ内の電話帳、写真・動画のデータはGoogleドライブやiCloudへのバックアップを利用して引き継ぐことができます。また、スマホによってはメーカーが提供しているデータ移行ツールがあります。データ移行でしっかりと大切なデータを引き継ぎ、新しい機種に乗り換えましょう。

例えば、楽天モバイルではおトクなキャンペーンを実施中で携帯電話会社の乗り換えを検討している方におすすめです。

この機会にスマホの買い替えを検討している方には、5G対応のRakuten BIGやパワフルなカメラを搭載したOPPO Reno3 Aが人気の楽天モバイルがおすすめです。また、今お使いのスマホを下取りしてくれるサービスもはじまっています。

「Rakuten UN-LIMIT VI」なら使う人も使わない人も、ワンプランで料金を気にすることなくスマホを利用できます。 快適な通信でネットも通話も楽しみたい方は、ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

  • データ1GBまで0円/月~(1回線目のみ) ※1
    1GB超過後~3GBまで980円/月(税込1,078円)
    3GB超過後~20GBまで1,980円/月(税込2,178円)
    データどれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)で使い放題 ※2
    (楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 ※3)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題 ※4

※1 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。
※2 データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
※3 最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※4 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : ハウツー