SIMカードの入れ替え方法について解説! 事前に必要な準備や注意点とは?

SIMカードの入れ替え方法について解説! 事前に必要な準備や注意点とは?
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.24

他社への乗り換え・機種変更をしたいものの、SIMカードの入れ替え方法に自信がない方や、はじめて挑戦するので失敗しないようにしっかり調べておきたいという方も多いのではないでしょうか。

はじめてSIMカードの入れ替えに挑戦すると、SIMカードトレイの引き出し方がわかりにくいことや、SIMカードの小ささに驚くかもしれません。

しかし、SIMカードの入れ替えがはじめての方でも、ひとつずつ手順を進めていけば、つまずくことなく自分でSIMカードの入れ替えを完了できます。

本記事では、SIMカードの入れ替え方法を詳しく解説します。

目次

他社への乗り換え・機種変更時にはSIMカードの入れ替えが必要

SIMカードとは電話番号を特定するための、固有のIDが記録されたICカードのこと。携帯電話会社の電波を使用した通信・通話の利用に必要で、現在お使いのスマホにも契約中の携帯電話会社から発行されたSIMカードが挿入されています。

他社への乗り換え・機種変更で今まで使っていた電話番号をそのまま使うには、スマホからSIMカードを取り出し、新しいSIMカードと入れ替える必要があります。
※現在の電話番号をそのまま利用する場合は「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)」、スマホをそのまま利用したい場合は「SIM(シム)ロック解除」という手続きがそれぞれ必要になる場合があります。

ショップ(店頭)で機種変更する場合には、スタッフがSIMカードの入れ替えをしてくれますが、Webサイトで申し込む場合には、自宅にSIMカードや新しいスマホが到着後、自分で入れ替える必要があります。

SIMカード入れ替えのための基礎知識

SIMカードを実際に入れ替えする前に、いくつか知っておきたい基礎知識があります。それぞれ確認していきましょう。

SIMカードには種類がある

SIMカードには「nanoSIM(ナノシム)」、「microSIM(マイクロシム)」、「標準SIM」の3つの種類があります。

スマホごとに対応しているSIMカードの種類が決まっているので、乗り換え先の携帯電話会社と契約する際には、自分のスマホに合ったSIMカードを選ぶ必要があります。

現在ほとんどのスマホでは「nanoSIM」が使われていますが、発売日の古いスマホは「microSIM」の場合もあります。事前にお使いのスマホが対応しているSIMの種類について、スマホの製品マニュアルやメーカーの製品ページなどで確認をしておきましょう。

また最近では、一体型(埋め込み型ともいわれる)のSIM(eSIM)を搭載しているスマホもあります。eSIM搭載のスマホであれば、eSIMの情報を書き換えるだけで、SIMカードの入れ替えに相当する手続きが完了します。つまり、SIMカードの入れ替えは不要となります。

 eSIM搭載のオリジナルのスマホを販売している楽天モバイルでは、従来のSIMカード同様にeSIMでの契約も提供しています。
eSIM対応のスマホをお持ちの方は、ぜひ楽天モバイルのeSIMをご検討ください。

→ 楽天モバイルのeSIMの詳細はこちら

SIMカードを抜き挿ししてもスマホ内のデータは消えない

SIMカードは携帯電話会社との通信・通話に必要となる情報が書き込まれたICカードなので、SIMカードを抜き挿ししても、スマホ内のデータがリセットされたり消去されたりすることはありません。写真、アプリ、電話帳などのデータはスマホに保存されています。

乗り換えや機種変更に伴ってSIMカードを抜き挿しした場合も、スマホ内のデータが消えることはありません。

乗り換えでお使いのスマホをそのまま使う場合はSIMロックの解除が必要

他社への乗り換えで今まで使っていたスマホをそのまま使うには、基本的にはSIMロック解除が必要です。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどで購入したスマホには、ほかの携帯電話会社の回線が使えないように、スマホに制限(SIMロック)がかけられています。

SIMロック解除の方法は以下の2つです。

  • 携帯電話会社の「公式Webサイト」で解除する(事務手数料は無料)
  • 「ショップ(店頭)」で解除する(事務手数料は3,000円(税込3,300円))

時間を気にせず手続きが可能な各携帯電話会社の公式サイトからのオンライン手続きであれば事務手数料は無料です。

やり方が分からない場合や不安がある場合は、3,000円(税込3,300円)の手数料がかかりますが、ショップ(店頭)での手続きも検討してみましょう。

下記公式Webサイトのヘルプも参考にしてください。

→ SIMロック解除についての詳細な解説はこちら

スマホの対応周波数帯(バンド)に注意

SIMロックを解除したスマホでも、どの携帯電話会社の回線でも必ず利用できるわけではありません。

スマホごとに対応している周波数帯(バンド)が決まっているので、SIMロックを解除して使用するスマホ周波数帯と、乗り換え先の携帯電話会社の提供する周波数帯が一致しているか事前に確認をしておく必要があります。

NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの4G LTE回線の周波数帯

※パートナー回線詳細については総務省の「各携帯電話事業者の通信方式と周波数帯について」 を確認してください。

ご利用になるスマホが回線の周波数帯に対応していない場合は、契約してもスムーズに通話できなかったり、電波がつながらなくなったりなどの不便が生じる可能性があります。

こうした不便を避けるためにも、お使いのスマホが、乗り換え先の携帯電話会社の動作保証端末であるかは事前に確認をしておきましょう。

動作保証端末については、各携帯電話会社の公式Webサイトなどから確認できます。

→ ご利用スマホの楽天モバイル対応確認はこちらから

SIMカードの入れ替え方法

SIMカードを入れ替えるためには「SIMピン」が必要となります。SIMピンはスマホを購入したときに付属品として箱の中などに入っています。また、新しいSIMカードと一緒に届くこともあります。SIMピンがない場合は各携帯電話会社のショップ(店頭)に行きましょう。

乗り換えでお使いのスマホをそのまま使う場合

乗り換えで、お使いのスマホをそのまま使う場合のSIMカードの入れ替え手順は以下の通りです。

SIMカードの入れ替え手順

  1. SIMカードを台紙から切り離す
    SIMカードはプラスチック製の台紙に貼り付けられた状態で届きます。はじめにSIMカードを台紙から切り離します。このとき、SIMカードのICチップ部に指が触れないよう注意してください。接触不良などの原因となる可能性があります。
  2. スマホの電源をオフにする
    電源を入れたままSIMカードトレイを抜き取ると、予期せぬ不具合が発生し、故障につながる場合があります。
    AndroidのスマホはSIMカードの挿入場所がSIMカードトレイではなくバッテリーパックの付近にあるものもあるため、SIMカードを入れ替える前に、必ずスマホの電源をオフにします。
  3. SIMピンでSIMカードトレイを引き出す
    スマホの側面などに、SIMカードが入ったトレイ(SIMカードトレイ)があります。トレイの小さな穴にSIMピンを差し込むと、トレイが引き出されます。
    トレイを上手に引き出すコツは、穴に対して垂直にまっすぐ差し込み、固さや抵抗を感じても強く最後まで押し込むことです。
  4. SIMカードを取り出す
    SIMカードをSIMカードトレイから取り出す際、ICチップ部を触らないように注意しましょう。
    また、取り出したSIMカードは、返却が必要となる場合もあるので、なくさないよう保管しておきましょう。
  5. 新しいSIMカードをセットし、SIMカードトレイを閉じる
    乗り換え先の携帯電話会社のSIMカードをトレイにセットし、閉じます。しっかりと最後まで押し込み、SIMカードトレイが本体からはみ出していないか確認してください。

以上でSIMカードの入れ替え作業は完了です。スマホの電源を入れ、新しいSIMカードを画面の指示や操作マニュアルなどに従って設定してください。

SIMロックの解除が完了していない場合には、「SIMロック解除コード」の入力を求められたり、「SIMロックされています」「アクティベーションが必要です」などが表示されたりします(製品によって表示が異なります)。

このような表示があった場合は、利用していた携帯電話会社でSIMロック解除の手続きを行ってください。

→ SIMロック解除についての詳細な解説はこちら

機種変更の場合

機種変更で古いスマホから新しいスマホへSIMカードを入れ替えるには、以下の手順で行います。

古いスマホで行う作業

  1. 古いスマホの電源をオフにする
  2. SIMピンでSIMカードトレイを引き出す
  3. SIMカードを取り出す
  4. SIMカードトレイを閉じる

新しいスマホで行う作業

  1. 新しいスマホの電源をオフにする
  2. SIMピンでSIMカードトレイを引き出す
  3. SIMカードをセットし、SIMカードトレイを閉じる
  4. 新しいスマホの電源をオンにする

乗り換え先でスマホを購入する場合

乗り換え先の携帯電話会社でスマホを購入すると、はじめからSIMカードが挿入されている場合もあります。そうしたケースでは自分でSIMカードを挿入する必要はありません。

自分でSIMカードを挿入する場合は、以下の手順で行います。

SIMカードを挿入する手順

  1. SIMカードを台紙から切り離す
  2. スマホの電源をオフにする
  3. SIMピンでSIMカードトレイを引き出す
  4. SIMカードをセットし、SIMカードトレイを閉じる
  5. スマホの電源をオンにする

SIMカードを入れ替えた後の設定

SIMカードを入れ替えた場合、設定が必要なケースと、不要なケースがあります。
SIMカードを入れ替えた後の設定について解説をしていきます。

携帯電話会社を乗り換える場合

携帯電話会社を乗り換える場合、SIMカードを入れ替えた後に、開通手続きとAPN設定が必要になります。

携帯電話会社が提供しているアクセスポイントに対し、アクセスポイント名を指定して接続する設定手続きをAPN(Access Point Name:アクセスポイント名)設定といいます。
※アクセスポイントとは、スマホをインターネットに接続するための中継点を指します。

開通手続きは、今まで契約していた携帯電話会社から新しく契約した携帯電話会社へ回線を切り替えるための手続きです。電話や公式Webサイトでも手続きが可能です。

開通手続き・APN設定の詳しい手順は、各携帯電話会社の公式サイトや、商品と併せて届くスタートガイドで確認できます。

  • 楽天モバイルの開通手続きの方法はこちら
  • 楽天モバイルのiPhone・iPadのAPN設定はこちら
  • 楽天モバイルの上記以外の機種のAPN設定はこちら

※楽天回線対応製品以外は、楽天モバイルの動作保証対象外となります。

乗り換え先の携帯電話会社でスマホを同時に購入すると、多くの場合はAPN設定が済んだ状態で届きます。APNが設定済みの場合は、ご自身で設定する必要はありません。

楽天モバイルではスマホをセットで購入した場合、APN設定が完了した状態でお渡ししています。

機種変更の場合

機種変更だけでSIMカードを差し替える場合、特に設定は必要ありません。

機種変更のあと、古いスマホのデータを新しいスマホへ移したい場合はデータ移行の作業が必要になります。

SIMカード入れ替えは難しくない

SIMカードの入れ替えは、コツさえ掴めばとても簡単です。他社への乗り換えや機種変更、また故障や修理の際にも必要になるため、覚えておくと便利です。

注意点として、取り扱いを間違うとSIMカードを破損する恐れがあることです。SIMカードを破損してしまった場合、再発行の手続きが必要になります。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」なら使う人も使わない人も、ワンプランで料金を気にすることなくスマホを利用できます。

  • データ1GBまで0円/月~(1回線目のみ) ※1
    1GB超過後~3GBまで980円/月(税込1,078円)
    3GB超過後~20GBまで1,980円/月(税込2,178円)
    データどれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)で使い放題 ※2
    (楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 ※3)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題 ※4

※1 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。
※2 データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
※3 最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※4 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : ハウツー