スマホ2台持ちのメリット・デメリットについて解説

スマホ2台持ちのメリット・デメリットについて解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.12.24

スマホの2台持ちに興味があるけれど、「月額利用料金がどのくらいかかるのか」など、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

スマホ2台持ちには、ビジネス用とプライベート用など用途に応じた使い分けができたり、バッテリー切れへの備えができたりと多くのメリットがあります。ただし、荷物が増える、管理が手間になるなどのデメリットも事前に確認しておきたいところです。そのほか、2台持ちすることで変わる月額利用料金についてもわかりやすく解説していきます。

目次

スマホ2台持ちのメリット

スマホを2台持ちすれば「ビジネス用」「プライベート用」の使い分けなど、さまざまな活用法が考えられます。スマホ2台持ちのメリットを見ていきましょう。

ビジネス用・プライベート用など用途に応じて使い分けることができる

スマホを2台持つことで、1台はビジネス用として連絡先やタスクを管理し、もう1台をアプリやゲームを楽しむプライベート用にするといった使い方ができます。仕事とプライベートの時間にメリハリをつけることが可能です。

たとえば、ビジネス用には画面が大きく外出先でも業務のファイルが見やすいスマホを選び、プライベート用にはカメラ性能が高いスマホを選ぶなど、用途の違うスマホを選択できるのも2台持ちならではのメリットです。

料金プラン次第では月額利用料金を節約できる

料金プランの選び方次第では、スマホを2台所有していても1台のときよりも月額利用料金を節約できる場合があります。

たとえば、1台目のスマホの契約を通話+必要最低限のデータ通信量で契約し、2台目のスマホを楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」(「楽天回線エリアで高速でデータ使い放題(※1)」、Rakuten Linkアプリ利用で「国内通話かけ放題(※2)」)にするなど、
それぞれのスマホの用途を明確にすれば、いまより利用料金を抑えた料金プランが見つかる場合があります。

※1 対象エリアをご確認ください。高速でデータ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり。※楽天回線エリア、パートナー回線エリアなどエリアの確認はこちら
※2 国内通話かけ放題(Rakuten Linkアプリ使用時)はプランに含まれる。アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。

→ 楽天モバイルの料金プランの詳細はこちら

急な通信障害やバッテリー切れにも対応可能

別々の携帯電話会社の回線でスマホを2台持ちしておけば、急な通信障害にも対応できます。

通信障害は頻繁に起こることではありませんが、仕事上の連絡など緊急の要件で通信・通話ができなくなると非常に不便です。通信障害への備えとして、スマホを複数台持つのは有効な手段となります。

なお、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルでは、電波を発信している基地局の場所が異なります。別の携帯電話会社でスマホを2台持ちすることで、通信エリアが広がる可能性もあります。

また、1台のスマホのバッテリーが切れたとしても、もう1台のバッテリーが残っていればそちらを使用することが可能です。バッテリー切れでスマホが使えないという事態を避けることもできます。

スマホ2台持ちのデメリット

スマホ2台持ちには多くのメリットがありますが、「荷物が増える」「管理が大変になる」など、事前に認識しておきたいデメリットがいくつかあります。

スマホ2台持ちのデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

スマホを2台持ち歩くことになり荷物が増える

1台だけの場合と比べ、外出時には2台のスマホはかさばります。2台持ちでもできるだけ荷物は増やしたくない方は、コンパクトなスマホの購入がおすすめです。

楽天モバイルでは、おサイフケータイ対応のスマホで世界最小サイズ(※モバイルFeliCa搭載のスマートフォンにおいて。「最小」は体積による比較。2019年7月当社調べ)の「Rakuten Mini」を取り扱っています。

→ 楽天モバイルの「Rakuten Mini」の詳細はこちら

管理が大変になる

スマホを2台持つということは、スマホの管理に手間が増えます。電話帳やメモの保存はもちろん、撮影した写真や動画など、どちらのスマホに保存をしたか把握しておく必要があります。

スマホ2台持ちの組み合わせ例

スマホ2台持ちをする場合には、「音声通話SIM+データSIM」と「音声通話SIM+音声通話SIM」の契約方法が考えられます。スマホ2台持ちの組み合わせ例を見ていきましょう。

音声通話SIM+データSIM

音声通話SIM+データSIMは、月額利用料金を安価に抑えやすい組み合わせです。

「音声通話SIM」はデータ通信・通話機能の両方が利用でき、「データSIM」はデータ通信機能のみが利用できます。

1台目を通話専用に、2台目を通信専用にすることで、月額利用料金を抑えつつスマホを使い分けることができます。
デメリットとしては、片方のスマホでは通話が利用できないことです。どちらのスマホでも通話を利用する場合には、このあと紹介する「音声通話SIM+音声通話SIM」の組み合わせを選ぶ必要があります。

音声通話SIM+音声通話SIM

「音声通話SIM+音声通話SIM」の組み合わせなら、両方のスマホで通話が利用できます。※携帯電話番号は異なります。

デメリットとしては「音声通話SIM+データSIM」の場合と比べると、月額利用料金が高くなってしまうことです。この組み合わせで月額利用料金をできるだけ安価に抑えたい場合には、料金プランを比較検討し、自分にとって最適な組み合わせを見つけることが重要となります。

料金プラン次第ではスマホ2台持ちでも月額利用料金を節約できる

スマホを2台持っているとビジネス用とプライベート用に分けることができ、別々の作業を同時に行うといった使い方もできます。
1台目のスマホで契約中の携帯電話料金プランを見直したうえで、2台目のスマホの契約先として、おトクな料金プランのある携帯電話会社を選べば、1台のときとあまり変わらない利用料金でスマホを2台持ちできる可能性があります。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」なら使う人も使わない人も、ワンプランで料金を気にすることなくスマホを利用できます。

  • データ1GBまで0円/月~(1回線目のみ) ※1
    1GB超過後~3GBまで980円/月(税込1,078円)
    3GB超過後~20GBまで1,980円/月(税込2,178円)
    データどれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)で使い放題 ※2
    (楽天回線エリア外は最大1Mbpsで使い放題 ※3)
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題 ※4

※1 製品代、オプション料、通話料等は別費用。 2回線目以降は0GB~3GBまで980円(税込1,078円)。
※2 データ使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。
※3 最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。
※4 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : ハウツー
TAG :